犬と私と…

アクセスカウンタ

zoom RSS トラバサミ

<<   作成日時 : 2007/04/28 17:15   >>

驚いた ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 11

平成18年4月16日 午後8時35分
釧路市武佐 民間施設の駐車場にてトラバサミに前足を挟まれた状態の猫が発見されました

トラバサミは古いものではなく、本体部分にに鎖がついた状態でその鎖の先には
ロープが縛られていました
このために購入し、このためにわざわざ仕掛けたのでしょうか・・
猫は痛みのせいかかなりの興奮状態で威嚇を続けましたが警官3人と民間施設の方の手に
よって、なんとかハサミから外すことは出来ました
捕獲する間もなく猫は逃げて行ってしまいましたが、怪我をしていることはハッキリ
しています
この猫が、飼主のない外猫なのか、どこかのお宅で変われていた猫なのかはわかりません
しかし例えば外で暮らす猫であった場合、猫にはテリトリー(なわばり)があり、
怪我をした猫は、そのテリトリーを仕切るボス猫により攻撃される的となります
猫といえども外は弱肉強食の世界ですから、ケガをした猫はそのテリトリーから追い出され
しかも他のどのテリトリーにも入れてもらえなくなります
当然食べるものもなく、衰弱はすすみ、死を待つばかりの状態になるのです
(スタッフからの実際証言アリ)

今回このような事件の場合、トラバサミを仕掛けた人間は「動物の愛護及び管理に
関する法律第27条」により罰せられます
畑を荒らされたとしても、糞害に悩まされていたとしても、むやみに捕獲、殺傷を
することはあってはならないことで、自らが防衛策をとることが先決です
二度とこのようなことがあってはならないと、釧路警察署へ捜査の依頼をしてあります
もちろん法に触れることでありますから、私共が依頼しなくとも捜査は始まっていたでしょう
例えばこんな危険な罠が、そうとは知らない子供の手足に掛かってしまったら?
たまたま迷子になったペットを傷つけたとしたら?
そうでなくとも、ただ平和に暮らしている猫達に何の罪があるというのでしょう
畑をもつお宅に恨みがあるわけではありません
花畑が嫌いでわざと糞尿をまきちらすわけではありません
室内で管理「してもらえない」猫たちは自然に従い自由に暮らしているだけなのです
室内で可愛がり餌を与え、トイレを用意し、他人様のお宅で気ままなことを出来ないよう
人間がちゃんとみていてあげたら
一方、作物の畑や花畑を所有する方は、囲いや寄せ付けないための工夫をあれこれと
実行してくれたなら
安易に殺す、捕獲する、駆除するということはおきるはずがないのです
もとはといえば人間が、勝手な飼い方、飼育放棄による遺棄を始めたことから繋がって
いるのではありませんか?
どうしてこうも動物と人間が平和に共存できない世の中になってしまったのでしょうか
空前のペットブームは人間の欲だけを満たし、動物本来の自然な姿をどんどん奪ってゆきます
常に犬猫に置き換えて物事を考えろとまでは言いません
ただ、犬猫に生まれただけで何故そこまでの辛いめに合わされないといけないのか、
その理由を考えてください
理由もなしに酷いめに合わされることを動物にでも良しとしてしまったなら、それが
俗に言う「いじめ」の発端になると考えます
多くの評論家達がこれと同じことを言っています
動物が自然の姿で暮らすことを受け入れる地域で、それを「当たり前」として暮らす
子供達に「イジメ」は根付かないはずです
国内首都圏あたりでも「地域猫」を推奨している地域があります
美しい自然が未だ姿を消さないこの道東でこそ、動物たちが豊かに暮らせる環境が
残っているのではと私達は考えます
私利私欲に溺れ、自分のエゴを通すことばかりでなく、自然に優しく、地域に優しく、
人に生物に優しい釧路市になれたら
もっともっと街は伸びてゆくのではないでしょうか
そしてそれは必ず私達のもとに福となって返って来ると思うのです

「生命を大切に」この基本的なことを何故いま、声を大にして言わなければいけない
のでしょうか

<追記>
「トラバサミ」は現在市内大手のホームセンター等でも販売はされていませんが、
もし仕掛けられているのを見つけた場合、同様の罠があった場合、また動物が罠に
かかっていた場合、既に死んでいたとしても、こちらまでお知らせください
今後の被害をなくすために非常に重要なことですので御協力お願いいたします

トラバサミとは 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%90%E3%82%B5%E3%83%9F

もっと詳しく知ってください 地球生物会議 ALIVE
http://www.alive-net.net/wildlife/trap/top.html

動物愛護法ほか 環境省
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/index.html

<2006年4月の出来事をもとに 原稿・芳賀 補足・locka>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
自分の畑の防衛のためであれば,トラバサミは最も安価で効率的な方法なのだから,仕方がないことだと思います.自分の畑の作物を狙ってくるがいじゅう(=猫)を,殺傷駆除することなく,低コストで安価に畑から追い出す方法など,なかなかないでしょう.飼い主は自分の猫を家の外に出さないこと.飼い猫から野良猫になった猫はかわいそうだけどしょうがない,畑の所有者は自分の利益を守るため以外の無益な殺生はしない.というところじゃないでしょうか.
トラバサミ
2008/11/14 17:56
トラバサミさん・・。
私の周りには、猫が大好きで、野良猫にもご飯をあげている人。畑を大事にしていて、猫に困っている人がいます。私も、つい最近までは、嫌いではないのだけれど、猫が怖くてニガテでした。今、猫と出会い、猫のかわいいところなど、知ることができました。
畑の大きさにもよる?猫の数にもよる?とは思ったりしますが、私の知ってる方は庭を完全に入れないように、ビニールテープでネットを作り、ペットボトルやCD・・(それは、あまり効き目はないいようですが、猫の体には害のないような工夫をして、美味しい立派な野菜を今年も沢山収穫していました。最も安価で、猫対策ができています。
私が若いころ、職場の窓下に猫が糞をするようになり、窓を開けると、参った〜っていう匂いに困った事があります。そのときに教えられた、切った松・・チクチクして嫌だったのか、猫が糞をする事はなくなりました。
トラバサミは、きっと痛いよ。私は挟まれた事はないけれど、悲鳴をあげるんじゃないかって思います。
猫より頭のいいはずの人間ならば、同じ生命のある猫に対して、傷つけずにできる対策があるはず・・って思います。
私・・
2008/11/15 01:32
>私さん
おっしゃるとおり,傷つけずに猫の害から守れるなら,それが一番だと思います.
ただ,全ての猫にその様な方法ができるとは限りませんし,大規模な畑を持つ人には,庭を囲えない場合もあるでしょう.その様な場合には,やむをえないこともあるのではないか・・・そう思います.
トラバサミ
2008/11/15 22:50
トラバサミさん。
庭を囲えないほどの大規模の畑・・。そうですね。野菜を作り、それで生活をしている家庭では、猫の排泄や砂かきは、すごく困ることだと思います。なぜ、猫が畑に入るのか・・食べるものがあるからだと思ったりするのですが・・・野菜を作る肥料は、生ものだったりするのでしょうか・・私が周りで知っているのは、ご飯をあげている人がいる(トイレを用意していない)→その近所では畑の手入れを綺麗にしているお宅がある→ご飯を食べさせてもらった猫は、やわらかく気持ちいい畑で排泄をすます・・。・・・そんな感じなんですが・・。   (すみません。続きます・・。)









私・・
2008/11/16 01:30
(続きです・・)
トラバサミさんのお宅は大きな畑をお持ちなのですか?猫の排泄等でお困りなのですね・・?
ご近所の方が、飼い猫を外に出していたりしている事をわかってるのですね・・私も今、外猫の事で近所の方達と関わる事があり、伝えたい事など沢山あるのですが、なかなか、近所という手前、言いにくいものです。それでも、本当に困っているならば、うま〜く話してみてはどうかな・・と、思ったりしました。
私はずるいので、今っていうタイミングをみて、うま〜く、うま〜く話したいっておもっています。
         (続きます・・)
私・・
2008/11/16 01:33
(続きです)
私、トラバサミを少し調べてみたんです・・。
トラバサミに鋏まれ、酷い痛々しい姿の猫が写っていたりしました。トラバサミは・・違反・・罰則・・
そんなことは、私はどうでもいいんです。
ただ、やはり、そんな方法しかない・・とは、思ってほしくないって思い・・
トラバサミさんも言ってくれた、傷つけずに猫の被害から守れるなら,それが一番・・。
なら、沢山の方から、いい知恵を借りたい。聞けるところがある限り、聞いてみたいと思う。やれる事をやってみて、傷つけずに改善できたなら、猫もトラバサミさんも、よかった〜って思ってくれると思うから。どんな状態で、どんな数の猫がいるのか・・どんな被害があるのか・なぜ猫が畑に来るのか・・(考えられる事があれば・・)
そんな事を教えてもらえませんか?


私・・
2008/11/16 01:35
昨夜5/2午後7時いつものコースを散歩中
愛犬ハスキーが、突然の叫び声に・・
驚き足元を見れば何とトラバサミにやられています
妻と二人で解除しようとしての大怪我
妻全治2ヶ月私一週間です
この憤りに輪を掛けたような現場での発言
警察官立会い実況見分で「ここは私道それとも公道?」
もうプッツンしちゃって私『やる気のナイ警察は信用できない帰れっ・・』と叫んでしまいました
平成19年4月からは如何なる理由があっても
使用禁止の狩猟法があるのに、そんなことも知らない
のですから幸い愛犬は無傷でしたが、あれが
鋸刃タイプだったらと想像するだけで怖ろしい気分になります明らかに違反なので毎日警察通いして立件
さすつもりです、こんな卑怯者とは断固戦います

実は私も昨夜・・
2010/05/03 14:45
なんて事を!!です。
愛犬ハスキーさんは無傷だったとの事、よかったです。
旦那様、奥様のお怪我・・・大丈夫ですか?

警察の対応・・これが、人間がトラバサミに・・なんてなったら、違うのか・・?と思うと・・

せっかくの法律も、あって、ないような・・・

そんな思うと、怒りが出たり、悲しくなります。

私と同じ釧路にお住まいですか??

毎日警察通いして・・・・のお言葉に、
愛犬ハスキーさんへの愛情と飼い主さんの強さを感じ、頭が下がります。

なんとか、警察が動いてくれる事・・
犯人がわかる事・・
せめて、その場所に、トラバサミは・・違反であり、罰せられる事の看板でも立てて、そうした人に
してはいけない事を知らすことが出来たら・・
そんな、思いです。





私・・・
2010/05/05 00:39
釧路ではなく唯今【平城遷都1300年】をしている
まあ“都市”でしょうか・・!?
実はこの子昨年暮れ、悪性腫瘍で左足を手術して
1週間後に再発今年3月に最高最悪の処置で断脚
したばかりです・・
何故この子ばかりが不運に遭うのかと天を怨みます
・・・・・
皆様のコメントを拝見しましたが私の意見として
“トラバサミ”は開口時12cm以上のものは
狩猟法の改正で平成19年4月から使用も販売も禁止
されています、私有地で合っても、明らかな違反
なのです
人間が掛り骨折や大怪我が頻発したのが理由で
勿論“くくり罠”(紐のトラップ)も禁止されています
私が掛ったのは学童や保育園児の抜け道に使われており幸いにもGW中で・・もし彼等がと思うと怖ろしく
これを仕掛けた人は明らかに無差別傷害目的でしょう
うちの子がケガしただけであれば“器物損壊罪”・・
あきれてものが言えませんが今回人間もケガしたので
傷害罪が適用との事、当然ですが何があっても
畑をあらされる方のお気持ちは充分承知しています
でも罠に掛った動物の苦しみを考えてください
これ以上申しませんが、有害鳥獣駆除の認可を受け
射殺なら未だしも・・・・・です
ハスキーです 続きを
2010/05/06 13:06
ハスキーさん、大変な手術をしたばかりだったのですね。

今回、腹立たしい許せない事ですが、ハスキーさんが無事であった事、本当によかったです。

その子の気持ちになれば・・
そうなんです。
そんな簡単な事なのに・・

誰もが、自分一番じゃなく、人の痛みをわかり、優しい気持ちを忘れずにいて欲しいって思います。
私。
2010/05/20 10:57
可哀想過ぎて涙が出ました

2011/04/02 17:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
里親募集のお問い合わせはコチラをクリックしてください。別ウィンドウでメールフォームが表示されます。

blog目次
2017年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2016年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2015年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2014年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2013年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2012年12月
2012年1〜11月まで
2011年  2010年
2009年  2008年-2
2008年-1  2007年
トラバサミ 犬と私と…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる