犬と私と…

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2009/07/08 10:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、保健所に行ってきた。
子猫の希望者がいたからだ。
・・そうなの。保健所には子猫がいっぱい収容されている。

捨てられてしまったり、野良猫にご飯を与えていて、子猫が生まれたからと持ち
込んだり・・

同じ人間のした事かと思えば悲しくなる。腹がたつ。

捨てられたり、持ち込んまれた子猫はもちろん可哀相だし、生きる事が出来るの
か心配になる。

母猫の事も考えてしまう。オッパイが張っているだろう・・子猫を捜し回ってい
るだろう・・

母猫の気持ちになると、本当に辛くなる。 

私は親になった事はないが、きっと狂ってしまいそうだ。子の親であれば、その
悲しさがわかるのではないのか・・

身勝手に野良猫にご飯を与えて、生まれた子猫は保健所へ・・何が可哀相で何が
仕方ない事なのか・・・・

保健所では子猫がミャーミャーと泣いていた。

ミルク・・って泣いていたんだ。
・・・・ミルクは与えては貰えません。最低限の食事の回数しか・・

飼育の担当となる方の考えだけではない感じだった。その方にも、別の方にも聞
いてみた。お願いしてみた。

・・・無理だった。それだけの仕事じゃない・・と。
・・考えてみた。仕方ないとも思った。でも、もし飼い主が決まらなく処分とな
ってしまう子猫だったとしても、・・・
今、生きているんだ。お腹が空いているなんて悲しいじゃないか・・

まだ私・・きちんと動けないけれど、・・・
そんな子猫の母代わりとして、ドライフードが食べれるようになったり、安心出
来るまでの間・・

自宅にてお世話出来る方
・・そんな方を探したいって思ったり・・

小さな子猫には治療費も沢山かかるから、そんな協力もお願いしたいし・・

でも、一時預かりって大変なんだ。

悲しい別れを経験するかもしれないし、

一生懸命に育てて、素敵な飼い主さんと出会う事ができた時には可愛くて仕方な
くなってたりするから、寂しい気持ちになってしまったり・・

元気に育ってくれても飼い主希望の方がいなきゃ処分となってしまう・・

そんな事を乗り越えなきゃ、多頭飼育となって負担が大きくなるだろう・・

これは私自身にも、話していて・・
だから、何も進む事が出来なくて・・

割り切るって変だけど、割り切る事が出来たなら、暖かい室内で万全な子育てが
出来る・・生きる事ができる・・飼い主さんに出会える・・

へんな日記ですが・・

私、お世話するわ・・って方。
医療費の協力するわ・・って方。

そんな方いたら、教えてほしい。
沢山の方々がいてくれたら、私も頑張らなきゃ・・って・・・

私ひとりじゃ、力なくて・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
里親募集のお問い合わせはコチラをクリックしてください。別ウィンドウでメールフォームが表示されます。

blog目次
2017年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2016年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2015年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2014年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2013年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2012年12月
2012年1〜11月まで
2011年  2010年
2009年  2008年-2
2008年-1  2007年
− タイトルなし − 犬と私と…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる