犬と私と…

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/2

<<   作成日時 : 2009/11/02 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ん〜〜・・話しにくいな・・

私の父、もう少しで80になる。

犬を飼いたいっていうんだ。

飼いたいって言ったら、誰が何を言ったって、どこからでもどんな犬でも連れてきちゃうだろう・・
そんな父だ。

年な子はダメだ。すぐに別れるのは嫌だ。雑種でいい、子犬が欲しい・・。

私は父をじいちゃんと呼ぶ。

私「じいちゃん、犬は、長生きだったら、18や20までだよ。じいちゃんのほうが先に・・・だべさ」

父「俺が先に〇○ってか・・?」

私「大丈夫だね、百までも生きるわ・・」
そんな話から、寂しい気持ちからの犬・・何かあった時には、私らが・・って事を覚悟に、犬を探す事にした。

っても、どんな子なら・・って考えて・・・
父、本当なら室内犬の小さいのが・・って話で、なら、保健所に保護される子を・・って考えた。
でも、保護される子は、多分、高齢犬と呼ばれる頃になった年の子だろう・・
何がダメって、金銭的に余裕がある父じゃないから、病院代をすぐすぐに出せる訳じゃない。

どんな子でも、寄生虫の検査からワクチンや登録・・お金はかかるものだが、すぐすぐ治療に・・って感じな子は無理って考えた。いや、どんな子だって、何があるかなんてわかんないんだけど・・

父、すでに新聞記載してある譲りますの子犬・・連絡を入れていた。

私「外の子、どんなに大きくなるかわかんないよ」
アパート暮らしを考えたのと、お世話する父の年を考えて出た言葉だ。

新聞記載してた方・・浜中で飼い主のいない犬の為に頑張って活動している団体の方だった。
以前にお世話になった事がある方だったので、焦った・・

その子犬の事を聞こうと思っていたら、連絡を貰えた。

はじめ、普通の雑種の子犬と聞いていたのが、チワワの雑種って話だった。保護当初の大きさからの成長の月日を見て大きくならないだろう・・と。

最高じゃないか!
父の希望にピッタリの・・

本当なら保健所から・・としたいが、私がお世話する訳じゃないから、どんな子かわからない子より、安心だと思った。

チワワと聞き、甥っ子は大喜びだ。
毛色を聞き、雌と聞き、『みゆ』みたいだ〜〜って。

10月25日。
厚岸で、譲渡会をするので、その場所で・・って事なり、
もちろん、父が気に入るか、譲渡してくれる方が父で大丈夫か、会って見なきゃわからない・・。

到着〜
会の代表が、白い子犬を抱いている。
父「あれか?」
私「あれは違うべさ」
会場には、茶色い子犬が二匹。
三匹の子犬の飼い主さがしをしていたらしく、一匹が譲渡されたようでした。

で、父希望の犬はどこに・・??

この子?????
チワワの雑種・・????
ハハハハハ(笑)
絶対にないよ〜〜〜(笑)
デカクなりますとも。
チワワ・・・いや、ありえないさ〜〜(笑)

すごくすごく、大きくなるだろうとは思わない。でも『レン』くらいにはなるだろう子犬・・
これは、私の考えで、チワワサイズだったらうれしいけどね。
いや、すでにチワワサイズではなかったわ(笑)

その子犬は父に威嚇した。
あんたみたいな、ジサマ嫌じゃ〜〜って感じにね。

父には、いい話はしない。
デカクなるだろう話。今すでに人が来たら吠えるって事だったから、近所に対しての話。元気元気で気が強そうな子って話。

父、子犬を連れて歩き出し、「歩く歩く・・」「これにするわ・・・」

私「大丈夫かい?」

いいさ・・父のアパートでの飼育が無理そうなら、父の体力には無理な感じなら、その時は私が・・って気持ちで。
一応、「お試しは無理なのか」と聞いてみた。
「いいですよ」って言ってくれた。

事前にお願いしてた、子犬の保護経路、今の飼育状況・・紙にまとめて書いてくれた。
私が言うより、話してくれたほうが・・ってお願いしていた犬の為のお願い事、食べちゃいけないものや、予防注射の話も紙にきちんと書いてくれ、口答でもお話してくれた。

お願いされていたワクチン代と寄附・・ほんの少ししか出来なかったけど・・

最後に父の連絡先をノートに書いて・・

一時預かりのお世話してくれてた方からは首輪を頂き、その方からの手紙もありました。

車まで来てくれ、手を振ってくれました。その子に幸せになって・・って気持ちだと思います。

犬を好きだからこそ、頑張って活動している方達です。
保護している間に愛情がわき、手放す時にきっと凄く寂しい気持ちだろう・・って、自分も経験してきた事から感じます。
帰りの車内で、まだ落ち着かない子犬。
そのうち父に抱かれ眠りにつきました。

父は、「服買わないと・・」なんて、可愛いのと嬉しいのと・・
そんな感じです。

子犬を頂いた団体の紹介をさせてもらいます。

浜中町にある「ドックレスキュー しおんの会」

どんな会なのか、全部をわかっている訳ではありません。
まだ、色々と考えながら良い方向に・・って頑張っている方達だと思います。

犬の保護や譲渡方法・・
私と同じじゃなかったけど、人それぞれ考えが違うもの。
今、生きている子を育てて幸せにしたい気持ちは同じ。人間の子育てと同じで、その家庭、その家庭で違うよな・・

会の代表は、優しい感じな方です。会員さんや、協力してくれる方に有り難い気持ちを忘れないでいる方です。

私には、欲がありすぎて、もっともっと・・って気持ちになってしまいますが、ゆっくりと無理せずに間違いのない幸せを飼い主のいない犬の為に・・前進していってほしい・・

そんな会でした。

画像


画像


画像


男の方が抱いている子犬は、飼い主さんが決まらなかったみたいだな・・

私的には、大きくなりそうだけど、ドンと構えた大人しい子になりそうな・・
きっと、いい子だと思う。

あらら・・・
父のチワワンのお披露目・・
忘れてました〜〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
里親募集のお問い合わせはコチラをクリックしてください。別ウィンドウでメールフォームが表示されます。

blog目次
2017年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2016年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2015年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2014年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2013年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2012年12月
2012年1〜11月まで
2011年  2010年
2009年  2008年-2
2008年-1  2007年
11/2 犬と私と…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる