犬と私と…

アクセスカウンタ

zoom RSS 出会えた事。

<<   作成日時 : 2011/12/26 10:33   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今年も、もう少しで終わる。

きちんと終わらせなきゃ・・と。いつまでも、モヤモヤとしてちゃいけないと。今さらだけど、過去に書いていて、アップ出来ずにいた日記をアップする事にしようと考えた。

この日記を書く事で嫌な気持ちになる方がいるかな・・


・・・・・・・・


えっと・・

平成22年2月1日。

沢山のどうぶつ達と触れ合う事にした。

ちょっと飼育に???って感じた彼を知ってみたくなったんだ。
いや、彼と仲良くなって、どうぶつ達の飼育の状態を少しでも良くしたいってズルイ考えからだ。
いやいや、本当はどうぶつ達を彼から奪いたい(言葉わるい・・)と思ったが、考え直したりした結果の考えだ。

初対面の彼は、ちょっと恐かった。
口数の少ない彼だ。

2月7日。
座ってゆっくり話をしてみたかった。そんなんは無理だろうと思いながらお茶を持っていった。

やっぱ、恐い〜〜
立ったまま・・
私が勝手に話してた。
はじめに、何を話したか・・緊張しながら、その緊張を隠しながら・・・さっぱり覚えてないや〜

彼が椅子を指さして「座れば?」って言ってくれた。

沢山のどうぶつ・・
お世話は一人で。

何故にこんなに沢山・・?
「こいつらいたら、楽しいべ〜・・」
彼は、どうぶつが好きだった。

一人じゃ大変だろう・・って話をして、「私、手伝う?」かるく、パラッっと言ってみた。

なんて答えてくれたか忘れたが、オッケーを貰えた。

本当は話だけのつもりが、(そんなに簡単にいくはずがなく、何回か通ってオッケーが貰えたらって思っていたんだ)

じゃ〜早速・・って思って、何から・・?
時間もないし、小鳥達の水替えを・・
沢山いたよ。セキセイインコから小桜インコ、十姉妹、カナリヤ・・
あと〜・・鳩もチャボも沢山。

「騒ぐから、ここだけでいい」って言った鳥かご・・その隣も、またまた隣も、ちょっと水の色、違うかも・・
「騒がせないようにやるから、いいかい?」
了解してくれた。

それから、
チャボ・・・怖かった。沢山のチャボが扉を開けたら、みんなして見てるし・・

ギブアップです〜〜
彼に頼んで水入れを出して貰った。
彼は笑って、やってくれた。

うさぎが立っている。
「うさぎも立つんだね」
「腹減ってるんだ・・上からまいてくれ」
ちょっと・・いや、かなり汚れているけれど、餌入れもあるし、洗って・・
「よく手いれたな・・かじられなかったか?」
「嘘〜〜かじるの〜??」
「かじるさ〜・・ブスはかじるけど、美人はかじらない・・」

それって私・・やばくないか〜??

飼えなくなった小鳥も、熱帯魚も・・引き取ったりしていた。熱帯魚・・保温で月に5千円もかかるんだって。無償で引き取って・・
私は「なんで〜??え〜〜っ!」って言ったが、
「職を失った人は本当に可哀相だぞ・・」と。

彼は、楽しい人かもしれない。優しい人かもしれない。
笑顔が素敵・・じゃないけれど、・・いや、まぁまぁ素敵だった。

それから、
寒い今でも、日中、外に小さな犬やうさぎ・・を出している。
ん?って思ってた。

彼・・ショップでガラスケースで売られている話。
「あれは、目に見えない菌が・・・その菌を殺そうと、強い薬品を使うだろう・・だと、その菌がもっと強い菌になって・・・
人間もそうだ。へんな流行りのものは、暑い地方ではじまるだろう・・
うちは、見た目汚いけど、本当に汚いのは・・・
寒くしていたほうがいい・・そうだと・・」みたいな話。
「これで、綺麗にしたらまだいいんだけどな・・」って。

わかる話だったりもする。
難しいけど・・

こんな話をしながらだから、3時間もかかってしまって・・

「また来るわ」

さぁ帰ろう・・きゃ〜〜車、バッテリーあがっちゃってた〜〜

ダンナさんに電話。
「どこにいる?」
「〇〇」
「だから、行くなって言ったべや〜・・」
「偉いでしょ・・犬たち連れてこなかった」
「当たり前だ」

・・そう言っても笑ってくれてるダンナさん。
さすがは、私のダンナ様〜!
(ちょっとここで、褒めてみた。いつダンナさんが見るかわからぬ日記・・私の作戦である。フフフ)

2月9日。
夕方、彼のとこに行ってきた。
先日に話を聞いてた出産まじかの犬。安いフードなのと、あんまり食べないって話で、何か作ってくれ・・と、本気じゃなかったけど話していたから。

前回の出産では未熟児が生まれたんだって。栄養が足りないんだ・・って言っていた。

ささ身とホッケを圧力鍋で二度ほど煮て、魚の骨までポロポロにしたものを・・フードと混ぜたらいかなと、作ってみた。

それから、生まれて45日くらいの子犬の写真・・人目について、うちの子にしたいわ〜〜って誰かが思ってくれるように、ポップみたいなんを作ってみた。

子犬が大人になってしまったら、出会いも難しくなるから・・って思ってだ。
誰でもよくはない。いい人に・・いい人に・・って、勝手にそう思ってしまう。

「外の子達入れるの手伝うね・・」

もう暗くなってしまったし、寒いもの、早く中に入れてあげたかったからだ。

ゲージを開けた途端に飛びついて抱かさってくる子(パピヨン)がいる。
寒かったんだろうか、中に入りたかったんだろうか・・って考えてしまう。

彼は、助かった・・って言ってくれたけど、彼の手際よさ・・
彼はチャボやウサギをゲージごと中に。
私は犬。ゲージから出して中のゲージへ。外のゲージの汚れた新聞紙を片付けて、ご飯ボウルに入ってしまったウンチを取り出して・・
手際が悪いったらない・・
夜、部屋のストーブはついていない。

彼はその日の最低気温でストーブをつけたり、外に出さなかったりしている。
マイナスなんぼ以下なら・・って。

わかんないけど、普通・・とか、なんかわかんないけど、私はストーブをつけて欲しいし、外に出したくない。
・・・難しいです。

2月21日。
うさぎの小屋の掃除をしたかった。

チャボと鳩の掃除となった。

「俺は手伝わないんだぞ」って。
「いいんだよ」やる気マンマンな私。

が、チャボ・・小さいのは、なんとか移動出来ても、大きい子・・怖いよ〜

「お願い・・」
『彼』は、「大丈夫だ。やれやれ・・」って言いながらも、笑って移動してくれた。

スコップを使わなきゃならないくらいに固まっていて、簡単な事じゃないけど、私は汚いのとか、臭いのとかは、へっちゃらなんだ。

すご〜く時間がかかって、やっと3つのゲージ。チャボのゲージ、まだあるけど、時間がなくなって、それでも、ちょっとした一角が綺麗になった。

ゲージを出したら、裏には毛がいっぱいで・・考えて濡れた新聞紙をまいてから履けばよかった。
・・咳が止まんなくなってしまった。ヤバイ。昔、喘息で大変な事になった事がある。なんか、そんな感じなヤバイ咳。

まぁ、大丈夫さ。

綺麗になった新聞紙には、すぐすぐにウンチ。
そりゃそうだと思いつつ・・
ご飯だって散らかして・・もっとお上品に食べてよ〜〜

「綺麗になって気持ちいいとか、言わないんだべか・・」って私。

彼「そのうち、言うんじゃないか・・」って。

んな訳ないべさ〜〜(笑)

残念な事も。
ハムスターが4匹駄目だったらしい。「ご飯入ってなかったんだな・・」って。

赤ちゃんインコが2匹駄目になってた。1匹は保温してある箱から出ようとして挟まってしまったんだ。もう一匹はどうだったのかな・・チップに紛れてつぶれてしまっていた。

チャボ1匹も。他のチャボの下につぶれていたんだ。「沢山入っているから、ご飯を食べれない子もいる」・・そんな話だった。

こんなんを、まだまだ目にする事になるのかもしれない。

すごいかもしれない。何処を?って思ったが、『彼』ちょっと動いたらしい。掃除をしたのかな・・
でも、体調を悪くしてしまったらしく、休んで、何もしなかったら、治ったと。

『彼』に倒れられたら困る。私じゃなく、どうぶつ達が。
『彼』も、そう言っていた。

今日は、私の名前と連絡先を伝えた。

『彼』には、嘘は話さない。でも、これだけは言えてない。私には沢山の子がいる事を。


3月14日。
二週間ぶりになってしまった。

気になって、気になってはいたけれど、なかなか行けなかった。

『彼』のところ。いや、どうぶつ達のところに。

二週間前に生まれたはずのパヒヨンの赤ちゃん。ダメだったんだ・・って思ってはいた。友達が外にパヒヨンが二匹いたって言っていたから。赤ちゃんがいるママを外に出すって事は・・って思ってたんだ。

やっぱりダメだったようだ。生まれて二日、オッパイを飲めなかったらしく、『彼』が哺乳瓶でミルクを与えたらしいが・・

ダメだったら、私に育てさせて・・って言いたいって思ってたけど、口にしてなかった。言えばよかった。
いや、私が育てたからと、育ってくれる訳ではない。でも、必死にやりたかった。

柴の赤ちゃんが二匹、新しい家族の元へ行ったらしい。
あと一匹。『彼』はそのまま家に・・って言った。ダメダメ。増やしてどうする・・みたいな話を軽く。

さてと、今日は・・

何処行くの〜〜?

裏の庭にあひるのご飯をあげに・・

私も行きたい。

連れて行ってくれた。
柴やコーギーの前を通って・・
「うちのは噛じらないから・・」って。

飼い主が飼えなくなったと引きとった柴の男の子が怒ってた。

小さめな柴の女の子。子犬のママらしい。パパもいた。ママのママもいた。いい子だった。

それから、あひる。
あひるが沢山いたよ。お尻の毛が巻いているのが雄なんだって。

卵もあった。カラス対策をした網をくぐり中から卵を持ってきたよ。

体を小さくして入らなきゃならないから、私より大きな『彼』なら大変な事だと思った。

ウコッケイや、すばらしい孔雀がいた。

ご飯をあげて、ジョウロで水を足す。

さてと、さてと、今日は・・

気になっていた、うさぎ。全部じゃないけど、2つのうさぎのゲージが綺麗になっていた。
やるじゃん!!

「残りのうさぎをする?チャボ?」

小鳥の篭。
沢山あるから、全部は無理だろうとは思った。
想像よりはなんとか。
私のペースじゃ日が暮れる。
だって〜〜鳥のウンチは白く洗っても、なかなか綺麗にならないんだよ。
どこで、このくらいで・・ってやめるかが難しい。

篭の下皿を外すから、小鳥が逃げないように気をつけなきゃならない。
2、3羽が入ってる篭ならなんとかだけど、これ何羽だ?って数えるくらいな篭なら、本当に逃げないように皿から外し、新聞紙を敷いた床に上篭をスッっと移動するのが大変なんだ。
小鳥の顔色を身ながらの移動だよ。

『彼』に友達がきていた。
沢山のどうぶつを一人で世話してる『彼』を褒めていた。
時々、外に出すなんて可哀相だと怒ってくる人がいるらしい話。
・・そうなんだ。そう話す人がいる事に、ちょっと嬉しくなった。

『彼』の友達は、殺菌してるのに・・って話をしていた。
・・・その友達にも、そう話してるんだな・・って思うと、外に出す『彼』の考えは、本当によかれと思っての事なんだ・・って思った。

「もう、止めないと、外の入れられないべ・・」って友達が。
気づいたら5時を過ぎていた。日が長くなったから、気づかなかった。
『彼』は「大丈夫だ・・」って言ってくれたが、急がなきゃ!

バタバタと片付けをして、外の子達を入れた。私もちょっと手際がよくなったよ。

結果、鳥篭11個かな・・まだまだ半分も出来ていない。
・・・もっと簡単に掃除して数をしたほうがよかったのかなと思ったり、でも、難しいんだ。

『彼』は座れって言ってくれる。
先週も来るかと思って、ビール用意してたんだ・・って。
(飲酒運転になっちゃうじゃんね〜・笑)
前は暇だったら来いって言ってた『彼』だったが、待っててくれてるし、また来てくれって言ってくれる。

『彼』が、私に優しい人だから、何故私が来るのかの本当の気持ちを話さずに騙しているようで、気持ちがきつくなる。

何故?って聞いてきた『彼』に、本当の事を言えないんだ。

一回目の時に私好みのビールを貰った。
本当はお金をくれる気をしてたけど、それは断った。

次の時にコーヒーゼリーを貰った。それから、『彼』に収入があったからだと、お金を。断ったけど、仲間だべ?仲間なら分け合うのが・・なんて。断ったけど、なら、来られたら困るなんて言うんだ。困っちゃったよ。
一枚もらう。二枚は『彼』って言ったのに、結局二枚貰ってしまった。
・・どうしよう・・

今日は、やるか?って言ってくれたけどら貯金してて貰う事にした。
またビールを貰ってしまった。貰ったものだと言ったけど、本当かい?


・・・・・・・・

彼は、どうぶつ達の新たな生活を見とどけて、雪が降る前に片付けて・・そう言っていた。雪が降る前に片付いて、雪が降る前に彼もいなくなってしまった。

私には優しい彼だった。
色々教えてもらった。笑わせて貰った。楽しかった。

彼がいなくなる2日前、私がいたからやって来れた。そんな言ってくれた。そんな事はないけれど、そう言ってくれた事が嬉しかった。

彼から預かっていたお金があった。44602円と12190円。

彼は、使うから持っていて・・と言っていた。彼に最後に会った時にも、これは私に・・って。ボランティアはお金がかかるから・・って。私はボランティアなんてしてないし、お金が欲しくてしてきた事じゃないって話した。
それでも、彼は持っていて。って。
じゃあ、二人で美味しいものを食べに行こうか・・そう話した。

彼がいなくなった。

考えた。預かったお金は、戴く事にしようと。
お金が欲しかった訳じゃない。
彼がいたなら、絶対に受け取らないと思ったから。彼の気持ちだと思い、いただこうと思ったんだ。

彼には、大きなお花で少しお返しさせてもらう事にした。

それでも、まだ46792円もある。
これは、柴犬11才とコールダックのガーコに使わせて貰おうって思う。

それでいいよね、おじさん。

私と彼が、私と彼のどうぶつ達に・・出会えた事に感謝しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
里親募集のお問い合わせはコチラをクリックしてください。別ウィンドウでメールフォームが表示されます。

blog目次
2017年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2016年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2015年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2014年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2013年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2012年12月
2012年1〜11月まで
2011年  2010年
2009年  2008年-2
2008年-1  2007年
出会えた事。 犬と私と…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる