犬と私と…

アクセスカウンタ

zoom RSS 病院に行ってきました。

<<   作成日時 : 2011/12/28 15:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

病院に行ってきました。

シャム子が診て貰っていた病院ではなく、大きな病院に。

・・院長、やっぱりおっかない(汗)
だから〜・・・本当は優しいいい先生なのに・・損してるよ先生。

そんな話はさておき・・

貰われた子猫のエイズ+な話をし、色々と教えて貰いました。

子猫が生後二ヶ月でも、+の結果が出た事。+が−になる事の確率は低く、エイズ感染の可能性がたかい。
抗体移行の可能性はゼロではないが・・

エイズ感染していた場合、+が−になる治療はない。

今、貰われたふたりが治療を始めたものは、エイズ感染したものと考えられ、発症しない為の治療だという事だった。
大人な猫ならば、インターフェロンを接種するが、子猫な為にインターフェロンと同じようなものを目薬で。という感じだ。ただ、期待できるほどの凄い薬ではないらしい。副作用もそれほど心配はないようだ。
私が行った病院では子猫の場合口に入れるものを、一日おきに三回。
目薬はちょっと刺激があるので回数少なくて口の中に・・ってできる治療をしているらしい。
それは、毎月するものではなく、その一度の治療で、ぐっと免疫を強くするらしいものだ。
三回で6000円。目薬より安い。

子猫がもし、六ヶ月後に−な結果が出たとしたならば、それは治療をしたからではなく、抗体移行での+だった事となる。

どうか、六ヶ月後、−な結果が出ますように・・。

母猫、シャム子は、子猫がエイズ感染か、抗体移行かはわからないが、子猫が今+であるという事でエイズ感染、キャリアの可能性が高い。いや、多分そうだろう。
シャム子の血液検査は、病院で即わかる検査キッドではなく、研究所に送る事とした。結果はまだ先だ。
子猫は、もし−がだった時には、親から離して・・という考えから病院ですぐに結果が出るものとした。
結果は二匹ともに・・・+だった。

今日は、時間も遅く、子猫のワクチンは次回にした。血液検査、コロナウイルスはまたワクチンの時に・・って思う。病院ではできない外注検査だ。

あとは、エイズ感染と考えての、今々、最善をつくす為の治療は、考えてみて・・って言ってくれた。
やろうかな・・。

体を触って、体温も計って・・
体重は、シャム子→2、8キロ。
子猫ふたりとも860c。

シャム子のお腹、まだ子宮が腫れているかな・・って言ってた。・・・大丈夫なのかな〜・・
子猫、『尻尾短め先曲がり』、口の中に出血の跡があり、あれている。と。
これは、もしや、カリシウイルスの可能性が・・もう、治りかけていると言ってたが、声のかすれも、関係するのかも。
そんな事もエイズ感染の疑いが・・って心配になる。
それでも、エイズとカリシは別に考え、きちんとワクチンしてあげなきゃ・・って感じです。

ガ〜ン!って感じですが、病院で採血の時、シャム子も、子猫も、本当にいい子だったの。
こんな、いい子に、何故にそんな意地悪な病気を・・って、悲しくなる。

治してやる!絶対に治してやる!
いつも、そう思って頑張る私なんだけど、エイズ感染は治らない病気だ。

まだわからないが、発症しないようにしてあげる事に最善を尽くさねば・・と思う。

親猫からの移行抗体について・・
FeLV(猫白血病ウイルス)ならば、まず、移行抗体は考えられなく、まず感染していると考えられるらしい。

FIV(猫免疫不全ウイルス)(今回の猫エイズ)は生後6ヶ月までは母体からの移行抗体が考えられる。

FCpV(猫コロナウイルス)は生後3ヶ月以下の場合は移行抗体が考えられる。

そんな事から、移行抗体が考えられなくなった後に再検査が望ましい。

抗体検査ではなく、ウイルス自体を検査する方法を聞いてみたが、そう検査してくれるところは、また別なところらしく難しいみたいだ。

・・・次回聞いてみよう。
もし、エイズワクチンをしている子なら、+反応はいつまで出るのか?一生+に出てしまうのか?

子猫達は移行抗体で+、シャム子はワクチンによる+な結果であればいいな・・そんな事を願ってしまう。

今回、シャム子も子猫たちも便検査で寄生虫はみつからなかった。
まだわからないから、また日にちをおいて便検査をする。

それだけが、ホッとする話だった。

次は猫エイズの事を話していきたいと思う。

まずは、採血で頑張ったシャム子とふたり、・・ゆっくり休んで下さい。ゴメンね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
里親募集のお問い合わせはコチラをクリックしてください。別ウィンドウでメールフォームが表示されます。

blog目次
2017年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2016年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2015年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2014年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2013年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2012年12月
2012年1〜11月まで
2011年  2010年
2009年  2008年-2
2008年-1  2007年
病院に行ってきました。 犬と私と…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる