犬と私と…

アクセスカウンタ

zoom RSS 飼育放棄

<<   作成日時 : 2013/07/15 08:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

飼育放棄

飼い主が飼えないと言い保健所へ持ち込む。

理由・・いや、言い訳はさまざまだ。

先日14才だと言う小型犬が飼育放棄された。

これはほんの一つの例であり、その少し前にも床擦れが出来ている老犬が放棄されたらしい。

あと何年生きるね?!

自分ら人間は、どんなに年をとっても、家族が一緒にいれない場合はあるが、処分される事はない。

犬猫は、飼い主が・・ずっと一緒にいた飼い主が・・処分される事を知ってながら保健所へ持ち込む。

生きているのに・・
飼い主がいるのに・・
長年一緒にいたはずなのに・・

処分だなんて。


その小型犬。
アトピー症状は少しあると聞いたらしいが・・


気になっていた友達がいた。

保健所に行ってきた。

酷かった。
想像を遥かに越える姿。

臭いも、汚れも、毛玉というかガビガビだった。
皮膚は真っ黒でケロイドのようになっていた。

画像
画像


服を来ていたらしく、わからなかったと話す保健所の人。

服は隠す為のものだったのか・・

爪ものびすぎていて、ギロチン式の爪切りが入らないほどだった。

あんまりだ。

どれだけの事をどれだけ放置すれば、こうなるものなのか・・


釧路には動物愛護センターと言える場所がない。

抑留所と言う。

保護している環境、その状態にも、悲しくなった。

もしかしたら処分となる犬かも知れない。
でも、糞尿は・・・
綺麗な上て座らせてやりたい。
もしかしたら処分・・・
せめて最後くらいは美味しいものを食べさせてやりたい。

抑留・・
おさえとどめておくこと・・・比較的短期間身柄を拘束すること。

他の仕事があるなかで、合間に犬猫の世話をする。

上の者がそう話すからには、そうなのか・・
抑留・・
納得するほかない。

せめて・・せめて・・・と、お願いするしかできない。


飼育放棄して、飼うとしてきた犬を、最後まで飼わずに無責任な飼い主がわるいんだ。

飼うな!
もう二度と飼うな!

抑留所、見たことがありますか?
長年一緒にいた犬猫を、最後はあの場に置いてきて、眠らされて殺される。

生きてきた最後がそうなんて、忍びないにもほどがある。

その場所に、愛犬と呼んできた犬を置いてこれますか?

老いていくのを見たくないとは言わないで下さい。

家族が飼っていた犬の最後を冷たい床に座らせないで下さい。


この老犬に新しい飼い主ができました。

美味しいご飯をくれる。
綺麗な敷物の上で寝かせてくれる。
散歩に連れていってくれる。

寿命といういつか死を迎える時まで、ずっと一緒にいてくれる。

そんな飼い主に巡り会えた。


今、その老犬の笑顔が見えそうだ。

画像
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
里親募集のお問い合わせはコチラをクリックしてください。別ウィンドウでメールフォームが表示されます。

blog目次
2017年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2016年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2015年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2014年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2013年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2012年12月
2012年1〜11月まで
2011年  2010年
2009年  2008年-2
2008年-1  2007年
飼育放棄 犬と私と…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる