犬と私と…

アクセスカウンタ

zoom RSS 猫。昔は・・

<<   作成日時 : 2014/11/14 11:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


父との話。

父が我が家の猫を見て話す。

(モデルは『強』です)

「昔は、尻尾の長い猫なんていなかった。」

「みんな短くて、こんななってた」と、手で示す(カギ尻尾という事みたいだ)。

「いつから尻尾の長い猫が出来たのか・・アメ○○から、来たんだな・・」って。

父は昭和の始めの生まれ。
昔・・・って。

「鼠がいたから、だいたいの家は猫を飼っていた」

『猫のご飯って、売ってたの・・?』
『外も出してたんでしょ・・?』

「猫のご飯なんて売ってない。今みたいにコリコリのなんてない。(父はカリカリをコリコリと言う)
人間の余ったものを・・
今みたいに病院もなかった」

『残飯か・・・』
『家で寝てる時もあったの?ほとんど外に出てたの?』

「家て寝てた・・・ちゃんと帰ってきてた。
でも、死ぬ時には帰って来なくなるから、家で死ぬ事はなかった」

『・・・・・・』

昔の生活は、人間も大変だったろうとは、思うが、犬は番犬だったり、猫は鼠をとる為だった・・・

いろんな病気がわかってきて、今では、鼠なんてとらないで欲しいし、残飯なんてあげないし・・いや、食べないだろうな・・

昔のほうが自由でよかったのか・・?

猫は猫であって、家族の一員じゃなかったのか・・?とも思う。

子犬、子猫が生まれては、紙袋に入れて・・・の話を聞いた事もある。
ほんの少しの小遣いを貰って、ほおり投げてきた話も聞いた事がある。

自分ら人間の生活が大変だったから、犬猫は、家族とは違う扱いだったのか・・

私が、その時代に生きていたなら、私も今とは違う猫の飼い方をしたんだろうか・・

今の時代も、残酷なニュースがあったりします。
人間の為の犬猫・・もし、そうならば、自分の為にいてくれた犬猫を最後まで大切にしてあげたい。

生きている。痛いとか寂しいとか、お腹がすいたとか・・・寒いとかって、自分たち人間と同じ感情があったりするよ。

昔よりも豊かになった時代・・・

欲を持たず、心豊かでありたいね。

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
里親募集のお問い合わせはコチラをクリックしてください。別ウィンドウでメールフォームが表示されます。

blog目次
2017年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2016年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2015年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2014年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2013年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2012年12月
2012年1〜11月まで
2011年  2010年
2009年  2008年-2
2008年-1  2007年
猫。昔は・・ 犬と私と…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる