犬と私と…

アクセスカウンタ

zoom RSS ただの餌やりさん・・

<<   作成日時 : 2015/02/24 01:17   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


少し前・・
近所のお宅(うちの外の子ら、長男たちの、餌やりをしていた方)、玄関前にフードが置いてあるのを知った。

以前、長男たちを手術するために、餌やりを始めた私。

私が餌をやってるから、うちにも来る・・なんて、言うから、
『違うでしょ・・?!
その前から、ずっと餌やってたでしょ〜・・・
来て欲しくないなら、絶対に少しも餌をやらないほうがいい。』

そう話した。


その後に、私が長男たちを外に出さないようにした。
次男が、近所の車庫に二日続けて入ってしまい、シャッターを開けて貰って・・

怒られた訳ではなかったが、近所トラブル・・揉めたくなかったからだ。

その時に感じた。
避妊したからいいって訳じゃない事を。

近所には、野良猫がいなくなった。


餌やりMさん、その頃も、言ってた。

「猫がいたから、ネズミがいなかった。猫がいなくなれば・・」と。


先日、バッタリ会った、Mさん・・
「猫が来るの。
だから、餌を・・・」

私、『知ってたよ・・』って。

Mさんは、また、ただの餌やりになった。

前と同じ事を言ってた。
「猫がいないと、ネズミが・・・」って。

その方の家に来ている猫は、多分・・
何頭だったかな・・5か6匹。
二本向こう側で餌を与えてる猫を・・って、避妊手術をした方がいた。その猫たちだと思う。

そこに私の義母もいて、義母が[また殖えるでしょ・・]って言ったから、私は、ちょっと揉めて欲しくなかったから、『手術してる猫じゃないか・・』って。
今、思えば、言わなきゃよかった。

その方ね、
「そう、Yさん・・手術してるから・・」って。

もしも本当に、Mさんが、Yさんの手術した猫だと、知ってたならば、

ご飯を貰っている猫に、何故餌をやらなきゃならない?

二本向こうの猫。
餌場が増えたら、猫の行動範囲が広くなっていく。
そのぶん、事故に合う確率だって増えるんだ。

餌の置きっぱなしは、他からの猫だって呼び寄せる事にもなる。

それに・・、人がお金をかけて手術した猫を・・・
それって、人のフンドシで相撲をとる・・なんて話じゃないか・・?

怪我してた歩夢の時だって、保護できなかった人。
長男たちの手術だって・・

なんの責任もとれないのに・・・

なんだかな〜・・・だよ。


何故、野良猫を餌を与えてはダメなのか・・・

またボスター作ろうかな・・・

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
里親募集のお問い合わせはコチラをクリックしてください。別ウィンドウでメールフォームが表示されます。

blog目次
2017年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2016年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2015年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2014年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2013年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2012年12月
2012年1〜11月まで
2011年  2010年
2009年  2008年-2
2008年-1  2007年
ただの餌やりさん・・ 犬と私と…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる