犬と私と…

アクセスカウンタ

zoom RSS 私は『ダルビッシュ有子』です。

<<   作成日時 : 2015/09/13 14:55   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2


--------------
13日。
「今朝、ダルさんから見たら…やれれな母ちゃんなんじゃね

そういや。
出会ったばかりの時も
この人、カプッ攻撃しても私の鼻から顔にかけてカプッ守備してくる様な容赦無い奴だったんだったぁと思い出したかも」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ダルさん、強くて、面白くて・・・優しくて。
そして、太っ腹なカオブさんが飼い主となって・・・

ダルの反抗期だって、笑いで帰ってくるかおさんに・・・

ダルの反抗期は、反抗しきれなく、このかぁちゃんじゃダメか・・と、呆れたり・・・
あんな大きな体して甘えてみせる。

ダル・・・・
大変な一生だったね。

ブリーダーの元から、飼い主の元へ・・・

飼い主は、可愛がってくれた事だろう・・・と、思う。

世の中、厳しくて、生きていけなくなった飼い主。

飼い主が亡くなって、何日、不安な日々を過ごしていたのか・・・
あずかり・・あずかり・・・で、最終的には、保護ボランティアの元へ・・・・

保護???

冗談じゃね〜!!!!

あんな、ガリガリで、真冬も外で。
毎日来たか?!!

室内で人の側にいたい犬に・・・

二年も保護してがら、避妊もせず、乳腺腫瘍も放置か?!

爪も、伸びすぎにもほどがある!

保護?
まさかね!!!!

犬の保護ボランティア・・・

見極めてください。

応援してはならない保護ボランティアがある。
今にも、やめさせなきゃならない保護ボランティアがある

飼えないからと、簡単に保護してくれるボランティアなど、・・・
ちゃんと、見極めなきゃダメだ。

保護します。
引き取り料金・・運営資金・・・

金目当ての保護に、注意して下さい。


あ・・・・・・・

書きたい事が、変になった。

ダルは、カオブさんに出会い、
大きくなったね。
大きくなりすぎたかね(笑)

きっと・・・・

今まで経験したことない出来事・・笑い・・・

この飼い主、やべ〜〜〜〜〜!と、タルさん、感じた事だろう。

先住犬バロンさんより、いつしかデカくなりながら、バロンさんの真似をするタルさん。

簡単にくぐっていったバロンの後に・・・

ダルさんも、無理矢理くぐっく。


ダル・・・・
9月13日。
13才と3ヶ月と2日でした。

ダル・・・・
満足したかい?
犬生、楽しかったかい?


明日14日、9時30分。

お別れになります。

ダルビッシュ有子に、気持ち玉、沢山お願いします。

ダル・・・、
もっともっと・・・と、笑顔をみたかったけど、
ダル・・・・
幸せだったね。

出会えてよかった。
あなたの存在を知れてよかった。

あなたの飼い主がカオブさんで、本当によかった。


ダル、お疲れ様。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ダルさん…。
ブログに、初登場の時から、改めて読みました。
初対面のカプッや反抗期、どんな事しても
このお母さんは、「わたしを手放さない。」って
安心しただろうね。
3年3ヶ月って、短く 感じるけど、その前の辛い思い 忘れる位 幸せだったね。
最後の カプッの傷が
痛みのせい、かもしれないけど…。
「お母さん ありがとう」 とか「離れたくない」とか ダルさんの 色んな気持ちが、感じたです。

悪質なブリーダーやペットショップ、保護ボランティアまで…?
ワクチンや避妊去勢手術代とかが 済んでる場合の請求でしょ?普通は…。
やめてしまえ(怒)
マルの飼い主
2015/09/16 09:34
マルちゃんのママ♪

すげ〜〜〜!
ダルさんの・・・・見てくれたんだね・・
ありがとう!!!

私も思う。
ダルさん、幸せだったろう・・って。

ダルさんには、今も、笑っていてあげる事がいいんだと思う。

飼い主カオブさんもね・・・

でも、もちろんだ。

本当は悲しいし、寂しいし・・・
大切にしてくれてたぶん、辛いんだと感じる。

大きな存在・・・
体(笑)


・・・・・・・・・・・
あ・・・ボランティアの話、

あのね、保護したならば、再譲渡するって事は、その犬猫の今度を決めるのは、保護した人なんだ。

二度と、不幸になっちゃいけない。

数をこなすだけの譲渡はしたくない・・・と思う。
悪い人は、良い人のフリをするもんだよね。

チビコ
2015/09/17 00:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
里親募集のお問い合わせはコチラをクリックしてください。別ウィンドウでメールフォームが表示されます。

blog目次
2017年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2016年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2015年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2014年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2013年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2012年12月
2012年1〜11月まで
2011年  2010年
2009年  2008年-2
2008年-1  2007年
私は『ダルビッシュ有子』です。 犬と私と…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる