犬と私と…

アクセスカウンタ

zoom RSS 怖い病気

<<   作成日時 : 2016/02/07 16:08   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


昨日5日。
『ももちゃん』が亡くなった連絡がありました。

着信履歴を見て、電話をかけ直す。
いい話じゃないとは、わかっていた。

『あずきちゃん』が亡くなってから数日たつから・・。
『もも』ちゃんが・・と聞いてから、数日たつから・・、大丈夫だ。頑張ったんだ。って、思ったりしていた。

『ももちゃん』、5回の通院で、一時はご飯を食べれるまでになったんだ。

呼吸が酷く、レントゲンの結果、肺炎をおこしていて、肺水が貯まっていたらしい。

ももちゃん、苦しかったね・・

肺水が貯まっているとわかっても、利尿剤しか使えないものなのか?
知人に話すと、体力ない場合には、抜く事で亡くなる場合もある話をしていたが、抜いて欲しかった。

肺に水が貯まると、苦しいんだ。呼吸が出来ないんだ。

うちの『進』を見てきたからわかる。

どうしても駄目だったのか・・

本当にウイルス性鼻気管炎なのか?パルボじゃないのか?

今さらだ。


先日、友達に、私の責任・・の話を聞き、

いや〜・・
パルポは、私がおこした訳じゃないし・・
消毒薬や飲み薬・・火葬・・
アドバイス・・・

他に何が私に出来たというのか・・・

考えた。

今思えば、もっとやってあげれた事があったはずだ。

私なら・・・の、消毒や、猫の隔離など。

ただ、まだパルボとわからない時に、パルボだったら・・な考えから、綺麗にされている普通の家に、ビルコンを、まきちらしていいものか・・
今、フリーでいる猫たちをケージに入れていいものか・・

そんな考えから、何もできなかった。

今思えば、何この人・・と、思われても、やるべきだったかも知れない。

きちんとできたなら、次々に亡くならなかった?
亡くならなかったら、何、この人・・って。
部屋中、ベチャベチャにして・・って、思われただろうか。

病気の恐さは話してきた。
でも、理解してくれてなかったかもだ。

私が助けてやれたかもしれないよね・・

私も怖かったのは、事実だ。
うちの猫への感染が心配だった。

もう、今さらだ。

家の中に、迷子になって室内に入れてくれた『シルバー』を含め家の中に7匹の猫たちがいたのに、今は2匹になってしまった。

9匹の猫たち。みんなみんな、いい子たちばかりが亡くなった。

懐こくて、綺麗だし、かわいいし・・・

17才の『ちびちゃん』と、一歳にならない前に亡くなった『ミルクちゃん、さくらちゃん、あずきちゃん、ももちゃん』たちの母『ぎんちゃん』二匹だけになった。

『ももちゃん』は、今だにオッパイをさがす、母『ぎんちゃん』にベッタリだったらしい。
同じサビの猫さん。

『ぎんちゃん』寂しくなっちゃったね。

もうこれで終わり。

飼い主さんも、かなり辛い思いをしています。
お金がない・・・と、話していたけれど、必死に病院に・・火葬場に・・走ってくれました。

亡くなってしまった子たちの、御冥福をお祈りしています。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
里親募集のお問い合わせはコチラをクリックしてください。別ウィンドウでメールフォームが表示されます。

blog目次
2017年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2016年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2015年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2014年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2013年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2012年12月
2012年1〜11月まで
2011年  2010年
2009年  2008年-2
2008年-1  2007年
怖い病気 犬と私と…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる