犬と私と…

アクセスカウンタ

zoom RSS 『レン』の・・

<<   作成日時 : 2016/02/07 00:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

検査翌日に検査結果がでました。

画像診断医って、大阪の大きな病院の先生が診てくれてるんだ〜・・・

先生、詳しくみたら、沢山あったわ・・・って。

画像を見て説明されるも、次々に頭からぬけてゆく・・・汗

まだあるの・・?まだあるの??ってくらいに次々と。


簡単に書くと・・・
・左側の外側膝状体(側脳室腹側)に、不成形病変を認めるが、右側にも同様に認めるため、病変ではないと判断するが、鑑別として『脳炎』があげられる。
・腰椎2−3左腹側にごく軽度の『椎間板ヘルニア』慢性病変を疑う
・胸椎11〜13間に・・・『脂肪増生』によるものを疑う
・顎椎3中央から3−4椎間レベルの・・脊髄炎などの『脊髄障害』を疑う
原因不明。責任病変の可能性がある
今回の症状とは完全には一致しない。震えの原因にはなると考える。ステロイドによる治療を実施して経過見て下さい。2週間後の再検査を進める
・左肺前葉後部にブラを認める。(ブラとは空気、小さな頃などに、肺炎などになった事の可能性)
・両側甲状腺の拡大。『過形成』を疑う
・肝臓外側左葉の・・・腫溜を認める。脂肪沈着を伴った過形成の疑い。また肝臓外側左葉に動脈相で多血性を示す結節を認める、過形成を疑う
・胆泥を認める(胆石の危険)
・腸間膜リンパ節の軽度な拡大を複数認める。明らかな腫瘍性変化を認めない。
・小腸内に造影剤の露出が複数ヶ所に見らる。下痢など消化管症状に注意。
(蛋白露出性疾患やリンパ管拡張症などの鑑別)

それでも、大きな病気が今現在なかった事で、よかったんじゃないか・・って。

何にしても、気をつけて見ていくくらいしかできなく、ステロイドの話も、画像の先生はこう言ってるけど・・ね、ね、・・って。

うん。二週間後に再検査、厳しいし、ステロイドも、あまり使いたくないし・・

薬変えて、良くなってるかい?
注射したあと良くなってるかい?と。

あまり、変わらないです。

・・・・
とりあえず、もう少し、同じ薬で様子見て・・
あまりおかしいようなら来てよ。
とりあえず、薬終わったら、また診せて・・・と。

本日も、レンは元気に食べて、いいウンチをしてました。

検査した事で、レンの吠え声が、かすれてる??と、感じ、あ・・・甲状腺かな・・と、考えさったり、
椎間板ヘルニアがわかり、あまりジャンプとかしないように・・って気をつけれたりできる。

レンが、「かまって〜〜」って立ち上がってしまうから、
レンに会いに来てくれたなら、すぐに近くに行ってあげて下さい。

あ・・・
レン、間違えだよ。
レンと遊びに来てくれたんじゃないんだよ・・

誰もが、自分に会いに来たと。何かをもっていると、自分が食べれるものだと思っているレン。

レン〜・・・腰、痛くするよ〜・・

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
里親募集のお問い合わせはコチラをクリックしてください。別ウィンドウでメールフォームが表示されます。

blog目次
2017年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2016年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2015年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2014年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2013年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2012年12月
2012年1〜11月まで
2011年  2010年
2009年  2008年-2
2008年-1  2007年
『レン』の・・ 犬と私と…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる