犬と私と…

アクセスカウンタ

zoom RSS あかり

<<   作成日時 : 2016/11/22 01:08   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

あかりの事、どこまで書いたかな
忘れちゃったよ

あかり。
平成14年度7月26日
私の子になりました。

亡きチビ助の病院で見た冊子で、他国の犬のシェルターの事を知り、
釧路は?と、気になり、保健所に問い合わせた事が、出会いの始まりでした。

その頃、まだ、今のような、譲渡を目的とした道のネットワークなどなくて、
保健所では、あまり収容されない。ままり処分されない。と、話していました。

あまり、、とは、ない事じゃないと感じたので、
処分には忍びない子がいた時に連絡くださいって話したんだ。

そんな電話をしてから連絡をもらったのは、すぐの事だつた。

引っ越し理由で保健所に連れてこられた話だった。

かん高い声で吠える。
目も鼻も赤い事から、妹が、あかりだね。って。名前を、つけた。

譲渡を、考えてたけど、お世話をしてくれてた父が気に入り、譲らないって言った。

私も気に入っていた。
あかりは、とてもいい子なんだ。

私は、手術しない派たった。
ノンリードで、囲いの中だったし、病気でもないのに手術する事が嫌だった。

その後に保護した子が、子宮の病院になり、
避妊手術しなきゃという気持ちに 変わった。

手術日を決めた直後、あかりは、子宮蓄膿症になり、手術するも、敗血症をおこし、抗生剤が効かなくて、あかり、大変だったんだ。
なんとか、残された最後の抗生剤1つが効いて退院できた。
元気なくて、ご飯を食べなくて、、
そうしてるうちに、台所でご飯を用意してるとこにきて、欲しいって、立ち上がってくれた時の事を思い出す。

あかりは、いつから、家の中になったかな、、
その時だっけな、、?

雷が怖くて、雨が怖くて、、
いつしか、自分の小屋に入っているのが嫌になり、車の中だと、安心していられたりするから、日中は、車の中にいた。

私が、よその猫に関わり、怖い病気の心配があってから、職場の外をあかりに歩かせたくなくて、、
あかりは靴を履かないし、コロンコロンと、寝たりするから。進への怖い病気の感染が心配だったんだ。
そんな事があったから、あかりは、お留守番、、って、一年近く留守番をさせてしまった。

あかり、、一緒に行きたかったかもしれない。

それでも、留守番の楽しみ、、
私が出かける時に、オヤツをあげるから。
バタバタ走って付いてくる。
私の行動をよく見ているんだ。

あのね、11月14日
あかりがなくなりました。
あかり、とても辛かったんです。

先週の土曜の夜にご飯を食べて、喜んだつかの間、吐いて、なんだか、様子かおかしくて。
日曜の朝まで、落ち着いて眠る事できなくて。

日曜の朝、病院に電話して、診てもらえて、
病院で、落ち着いていたあかり。
点滴して注射したことで、落ち着いたあかりを見て、よかったって思った。
痛みが少し出てきたのかな、、って思ってたから、座薬をさしてもらった。
帰ってから、痛くなったら、、って話して、座薬を出してもらった。

帰宅して、やっと頭を下ろし眠る事が出来た。

よかった。

寝ているのに、ほんの小さな声で泣いてる。

今のうちに、職場の犬のご飯をあげに行こう、、と、出かけた。

旦那から電話があり、あかりが泣いていると。

帰宅して、泣きがひどくなっていって、
時間をみて、もらった座薬をさして、
病院に電話して、きっと、かけ直してくれるって、まっていて、何度も電話するも、病院からの連絡はなくて、旦那が、何かないか、、って、ロキソニンを買ってきてくれて、
あかりの口に、、
だんな、噛まれて、、

あかり、ダンナを噛む気ではないんだ。意識があんまりハッキリしていない。

もう待てない。
あかりを連れて、病院に行ってみた。
病院は真っ暗。すこししたら、来るかな、、って、まっていた。

もう待てない。
帯広の病院に電話をした。

泣くあかりの声を聞き、ながい距離、動かしていいか、先生も考えてくれたが、私も悩んだ。
でも、明日まで、我慢させるわけにはいかない。

時間外になるのに、待ってくれるって言ってくれた。

帯広までの車内、ずっと泣いている。

病院につき、明るいところで見ると、あかり、唇を噛んでいた。
貫通まではしていないけれど、穴が開いていた。

そこまで、痛いかい、って、先生。

あかりの目。脳圧が高くなっていた。体温は35度、血糖値は11しかなかった。

ごめん。痛みもあるかもだけど、あかり、血糖値が下がっていたんだ。

エコーでみて、胃のなかがいっぱいだったんだ。

4日に吐いてから、シリンジでのご飯もシロップも、嫌がるようになっていた。
だから、シロップをあげる量が少なくなっていた。

それでも、最初の発作は出てなかったから、治るはずもないのに、大丈夫かも。なんて、思ってしまっていた。

土曜の夜の様子がおかしいのが、血糖値がさがっていたからだと考えずに、痛みが出てきた?と、考えてしまっていた。

ちゃんと、シロップをあげれていたら、、と、思ったり、胃の中が、いっぱいだったから、飲めなかったのも事実かもしれないが、
なら、病院で静脈に糖を流せてたら、、って。
そんな治療、続けてあげれるわけじゃない。
もう金もなくて、限界だった。

あかりには、痛いおもいだけは、させたくないって思っていた。苦しいおもいだけは、させたくないって。
安定剤をつかうときがきたかも知れないって。
それでダメだったら、安楽死も考えなきゃって、思っていたんだ。

日曜に、病院と連絡が取れなくて、
私は、あかりに、安定剤が欲しくて、
でも、それを使ったら、、って、、
でも、泣き続けるあかりを見ていられなかった。

帯広に走ったのは、安定剤をと思っていた。

でも、糖を流してくれて、痛み止めを点滴に入れてくれて、急に泣かなくなってやっと眠れたんだ。

そっか、血糖値のせいだった。って、帰ってから明日までの間に、、、って、私が、できるように、糖を出してくれた。

これで大丈夫。
朝に病院いって、糖を流してもらおう。って。

帰りの車の中、あかりは、グッスリ眠れて、私も、あかり、危なかった〜行ってよかったって、笑って帰ってきたんだ。

釧路についた頃、あかり、また泣き出して、、

家に着き、今の時間に、糖を使えば朝までもたない?もっとたくさんもらってきたらよかった。

糖を使う。
それでも、あかりの泣きは治らなかった。

病院に電話した。
もう一度走ろうと思った。
もう電話は繋がらなかった。
安定剤、なんでもらわなかっなんだろう、、

朝まで、あかり、頑張れる?
大丈夫?

あかりの泣きが少なくなって、2時くらいかな、私、あかりを抱いて、

そしたら、私、寝ちゃったんだ。
4時半くらいになってた。
あかり、しんじゃってた。

あかり、ごめん!
一緒にいたのに、ごめん。

あかりに、頑張らさせすぎてしまった。
私が一緒にいたいだけに、頑張れ頑張れって、
もう限界って声をわかってあげれなかった。

たくさんの後悔があります。

あかりが大好きで、急な病気に、心の準備ができてなかった私に、あかりは私のために頑張ってくれたのかも知れない。

こんないい子なのに、こんな辛い病気になぜならなきゃならなかったのか?!って。

あかりの葬儀もおわり、フワフワのあかりに顔をうずめる事が出来なく、抱っこする事も撫でることも出来なくて。

進がなくなり、あかりがなくなり、何をしたらいいのかってわからなくなります。

ダンナは、その時間を他の子に、、っていうけれど、進との時間も、あかりとの時間も、ぽっかりあいてしまった。

あかりと出会い、15年。
人の赤ちゃんなら、生まれてから15歳になった。
知人の子供さんが、ちょうど15歳。
大きくなったなって、思ったとき、おかぁさん育てたねって思った。その月日を想像した。

私もあかりのおかぁさん。
あかりは、赤ちゃんじゃなかったけれど、あかりと過ごした月日は、あかりがいて当たり前の毎日になっていて、、、

でも、あかりは、いつしかとても年を重ねていたんだ。

もう頑張れ頑張れって言える年齢じゃなくなっていた。


あかりの飼い主になれて、私は最高に幸せでした。
あかりには、もっともっと、、と
至らない飼い主ではありましたが、本当に大好きでした。

あかり、私の子になってくれて、ありがとう。
頑張らさせてしまい、本当にごめんなさい。

また会いたいです。
ギュッと抱きしめたいです。

あかり、ゆっくり休んでください。たくさん笑って沢山食べてください。

あかり、ありがとう。





あかりに、
病院から。
母と姉から。
妹から。

一緒に泣いてくれるコトラちゃんのおかぁさんとおねいさん、、

いつも助けてくれるyumiさんと、黒猫応援団のママより。

ありがとうございました。
画像


画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
里親募集のお問い合わせはコチラをクリックしてください。別ウィンドウでメールフォームが表示されます。

blog目次
2017年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2016年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2015年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2014年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2013年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2012年12月
2012年1〜11月まで
2011年  2010年
2009年  2008年-2
2008年-1  2007年
あかり 犬と私と…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる