犬と私と・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS

<<   作成日時 : 2017/01/28 01:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

Lifeで、お話させてもらっている『ウリさん』。

よく見たら、、、
あれ?まだまだ子供?って、いうような表情。

保護主の猪山さんも、
「そうだよ、ウリ
こどもみたいな顔してるしょ」って。

「子供達のおもちゃ奪ったり、一緒に綱引きしたりしてるも」って。

マジに?!

「保護してから出産するまでの間は、
人間でいえば、小さな女の子を連れて歩いてるような感じだったの。なんでもすぐピーピー鼻鳴らして」

『ウリさん』いや、まだ『ウリちゃん』かもだ。

保護主さん、
よくこんないい子を捨てた!って、、。

どこからどお、この子を飼ったのかは、わからないが、、
仔犬の小さな時にだけ見て楽しんだに違いない。
癒されたに違いない。

一緒にいたら、大きく成長すればするほどに、愛おしくなるものではないんだろうか、、

『ウリちゃん』の小さな頃は、、

元飼い主が避妊手術を怠ったことにより、生まれてきた仔犬たち。
『ウリちゃん』にそっくりな仔犬たち。
こんなだったんだろうな、、と、猪山さんも想像がつく事と思うが、、

仔犬たちを見れば見るほどに、本当に大切にしてあげたいと言う気持ちが、強くなるものだ。

『ウリちゃん』の元飼い主に、心はなかったものだろうか、、


私もね、
大きくなってから迎えた子たち。
うちに来て15年の『あかり』も「あい』も。
思えば、まだ、わかかったんだな、、と思う。
仔犬の可愛い時にだけ見て、、と、苛立つ気持ちになる。

『ウリちゃん』の元飼い主と同じ。心を持たない人間だ。

それでもね、
そんな飼い主の元にいるより、出会えてよかったと思うんだ。

猪山さんなら、『ウリちゃん』を、守ってくれるから。
『ウリちゃん』の気持ちになり、大切な命だとわかっているから。

犬猫を捨てる人間
犬猫を金にしか見えない業者

どうして、こんなにも愛おしい命に、こうではいけないと気づかないのだろうか、、


助けてあげたい。

狭いケージで、ご飯も満足に与えられず、治療どころか、病気になり、ただ死をまつ犬猫たちをなくしたい。

あと何日、、と、処分となってしまう犬猫たちをなくしたい。

私も、力不足で、、
力不足すぎて、情けない。

もっと時間があれば、金があれば、、頭がよかったなら、、
もっと若かったなら、、

何もできていない自分に、情けなくなる。

いろいろ、、
考えさります。

何もできない、、と、いえば、何も変わらなくて。
だから、ちょっとでも、、今できることを、、と、思う。

目の前の出来事。
今、住んでいる地域の処分されるかもしれない犬猫を知ってあげる事から。

目を背けてはならない。

知ることで、助けてあげられる命があるかもしれないから。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
里親募集のお問い合わせはコチラをクリックしてください。別ウィンドウでメールフォームが表示されます。

blog目次
2016年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2015年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2014年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2013年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2012年12月
2012年1〜11月まで
2011年  2010年
2009年  2008年-2
2008年-1  2007年
命 犬と私と・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる